Welcome To Szkandelous.com
[ Home ]
[ Archives ]
[ Gallery ]
[ Features ]
[ BBS ]
[ About ]
[ Links ]
[ English ]

最新情報

アメリカ旅行2004年の写真集

ハンズとベティナの結婚式写真集

スキャンダラスの新曲

リニューアルの感想は?
 素敵っすよ!
 ま〜な
 古型のサイトは一体どうなった?これや最低っすよ!
 感想無し


[ 投票の結果 ]
全部 108 票

CAの今日

[あなたのブラウザはHTMLの -object- タッグ、あるいはMacromedia Flash Plug-in を対応していません。最新のFlash Plug-inはこちら から届けます。]

Over 58 Served

スキャンダラス.フィーチャーズ

映画レビュー:

ガイ・リッチーとウォン・カーウァイを渡る中野裕之の「Stereo Future」:

「未来は大きくわけて二つの方向に進んでいる:明るい未来と暗い未来。人間はあらゆる場面で正しい未来を選択するための能力が与えられ、そしていかされている。」。。。というように中野裕之の華々しい「Stereo Future」という映画が始まる。半分ガイ・リッチー風で半分ウォンカーウァイ風のStereo Futureは人間の未来を選択する能力に関する、非常にうまく監督した映画だ。この重いメッセージがあっても、中野監督の才能と映画のちょっと突飛なストーリーのおかげで見栄を張る気はしない。2002年の最高の映画に興味がある方、これからも是非読んでください!

ゲームレビュー:

キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲〜:初印象:

「キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲〜」との初めての二時間でもうゲームボーイアドヴァンスで登場した前作より圧倒的に優れた作品だとははっきり分かる。しかし、ゲームボーイアドヴァンスの能力に限られているものだから、短所あったらそれはシステムと関係しているもの。つまりグラフィックや(だが、それはプレステションで登場したゲームと比較するものだ)長さのことだ。しかし、悪魔城のシリーズのファンや「悪魔城ドラキュラ 〜Circle of the Moon」のファン、それで「Circle of the Moon」が好きじゃない「悪魔城ドラキュラX: 月下の夜想曲」のファン、つまり皆がこのゲームを遊ぶべきだと思う。

Fission Mailed: メタルギアソリッド2サンズ・オブ・リバティ :

こんなに優れたのにこんな悲劇的な弱点が多いゲームを製作した小島秀夫がぴしゃりと打つべきだ。始めのスネークとしての一歩から環境のすべてに「ハイ、本物だよ!」という感覚を感じさせるメタルギアソリッド2(MGS2)がイマージョン(ゲームに入る感覚)の大成功としか判断できない。しかし、このゲームらしくない世界に活躍しているキャラ、あるいは背景であるストリーさえ見れば、環境のリアリズムを破壊するような信じられない状況を発見する。これからメタルギアソリッド2サンズ・オブ・リバティという悲劇について述べたいと思う。

ライブレビュー:

観客の怒りを得るガイド:恵比寿ミルクでMomusやRomanporscheの3月15日のライブ レビュー:

「New Wave愚連隊西へ」っていう徹夜ライブ、つまりモマスらのライブがまだちょっと早い9時で始まるって書いてあったから10時に着くことにした。考えれば、二つか三つのバンドだけで徹夜ライブするのは、ある集類の魔法か長期的に引き延ばすのが必要だと分かったはずだった。残念ながら後者だった。

日本のアンダーグラウンド音楽会からの光景:Capsule Giants, Velvet PunchとCruyff In The Bedroomの2001年12月2日のライブ(Heaven's Doorで):

まるで存在していないアーティストが好きな僕はSpinnerからの気に入りのバンドであるCapsule Giants(「Mad Capsule Market」に言い直されたことは数えきれないほど多い)がアパートから歩いて5分くらいかかるほど近いライブハウスでライブすることにびっくりさせるのが当然だ。

CDレビュー

(無し)

音殺(音楽紹介):

Green Velvet Crapper

西東京からの三人組のイモ・コアのバンドです。Gear(高円寺)とHeaven’s Door(三軒茶屋)でよく見るGreen Velvet Crapperは元気なライブやSonic YouthのKim Gordonのような叫び声に有名です。

Polyhedron

優しい声とノイズの波にえがかれたPolyhedronはイモか、面白いプログレシヴ・ロックか分かりません。東京周辺のPolyhedronのムーディーな、自滅的なイモ・ポップと古流なアンビエントという二極性が合成した音楽が下に載せた曲で聞いて楽しんで下さい。


 

All works this site copyright D. Szkoropad, 2001-2003 unless stated otherwise. This means don't steal it or I'll tell your mother on you. Domo-kun copyright NHK.

[Home] [Archives] [Gallery] [Features] [BBS] [About] [Links] [English]