Welcome To Szkandelous.com
[ Home ]
[ Archives ]
[ Gallery ]
[ Features ]
[ BBS ]
[ About ]
[ Links ]
[ English ]

最新情報

アメリカ旅行2004年の写真集

ハンズとベティナの結婚式写真集

スキャンダラスの新曲

リニューアルの感想は?
 素敵っすよ!
 ま〜な
 古型のサイトは一体どうなった?これや最低っすよ!
 感想無し


[ 投票の結果 ]
全部 111 票

CAの今日

[あなたのブラウザはHTMLの -object- タッグ、あるいはMacromedia Flash Plug-in を対応していません。最新のFlash Plug-inはこちら から届けます。]

Over 361 Served

スキャンダラス.フィーチャーズ.映画レビュー.ステレオフューチャー

ガイ・リッチーとウォン・カーウァイを渡る中野裕之監督の「Stereo Future」

「未来は大きくわけて二つの方向に進んでいる:明るい未来と暗い未来。人間はあらゆる場面で正しい未来を選択するための能力が与えられ、そしていかされている。」

Stereo Future Logo

。。。というように中野裕之の華々しい映画の「Stereo Future」が始まる。半分ガイ・リッチー風で半分ウォンカーウァイ風のStereo Futureは我々人間の未来を選択する能力に関する、非常にうまく監督した映画だ。しかしこの重いメッセージがあっても、中野監督の才能と映画のちょっと突飛なストーリーのおかげで見栄を張ることがないと感じる。

DirtEri on a train

ストーリーは、彼氏との別れのせいで沈黙された女の人に集中するのだ。が、ケビン・コストナーのようなドラマフェストにならないのは、ださい侍映画の俳優や生きるように努力している環境問題研究するメディア会社に関する話のような四つの短編映画で語るものだ。

Crying EriFountain of blood

それで、この短編映画を中野裕之監督の才能で繋がると完璧と言えるような映画が生み出した。日本以外ではあまり知られていない中野はイギリスで活躍するガイ・リッチーに当たる日本人の監督だ。中野監督はDe-liteの「Groove is in the heart」という曲のプロモビデオを作成することを始め、90年代初期プロモビデオ界で登場した。そして、1996年、 Photekの「二天一流」という曲のプロモビデオをきっかけに中野監督のミュジックビデオに対する情熱が盛り上がり、HITOMI、東京スカパラダイス・オーケストラとSaint Etienneなどのプロモビデオにも手を貸した。二年後、今なら日本アンダーグラウンド映画のクラシックとなった「SF:サムライ・フィクション」という最初の完全長の映画を公開した。2001年の「Red Shadow」(赤い影)がステレオ・フューチャーと一緒に中野裕之監督の最新作を代表している。

Looking out over trainsEri's face

ガイ・リッチーと同様、中野裕之のスタイルにはプロモビデオとの歴史がはっきり感じられる。映画はクリエーティブなカメラアングルや素早いエディット、それに色のフィルター使いに満ちたものだ。だが、ガイ・リッチー、あるいはリッチー監督の最大の影響であるクエンティン・タランティーノ監督と違って、Stereo Futureは中野監督のセリフでいわゆるピースフル・ストーリーだ。それでステレオ・フューチャーの様々なところと同じ、ちょうど改革というより盗作だと思いかける当時、予想可能の映画になる恐れが初めて感じる時に、中野監督はつい自分の馬鹿げたふりに少し笑って自己愚弄する。

BeforeAfter

例えば、ぐるぐる回るカメラとスローモーションがあるまでの「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」風の唯一のファイト・シーンのこと。特殊効果をすこし見れば、スローモーションではなく、ただ俳優がスローモーションに当たるまでに無茶ほど鈍い速度で動いているものだ。このシーンの少し前、主人子が出演するださい侍映画の本質を明らかにするためにこの同じ効果が使われている。そういう使い方は中野監督自体がださい映画の監督と共通点あると告白するものだ。

Mika has the coolest dog!Keisuke

この対照効果、つまりものを比較して意味を深めるのはステレオ・フューチャーにおける傾向の一つだ。共生というもう一つのテーマを強調するために、自然を中心にするシーンが映画のもっとも独創的な、不自然な方法で撮影するのがこの傾向の例の一つだ。もう一つの例を出せば、建築物の奇跡である環境問題研究するメディア会社のビルが映画のもっとも華々しい背景だ。

Samurai KeisukeKaoru in conversation

それで、この効果をサウンドトラックとあいまって、素晴らしい印象を残す。プロモビデオ時代の共著者であるTowa TeiやThe Fantastic Plastic Machineが暗いテクノから心を静かにするサクスフォーンで演奏したバッハに渡るサウンドトラックに手を貸す。全曲がシーンの雰囲気を定義する上、本キャラのテーマにもなる。そう言えば、ハード・トランスとださい侍映画の対照やアブストラクトな実験音楽と大自然の対照が映画の深さを証明することだ。

PatternsKeisuke and Mika

音楽の対照の影響でいわゆる「ドラッグ映画」の特徴を表す。主人子のバイドであるO2バーで販売したピュア酸素と水だけが映画で登場する麻薬だと言っても、たまにドラッグ映画という感じがする。だから、結局、「スナッチ」のスタイル、「恋する惑星」のストーリーと「トレインスポッティング」の雰囲気が合同した感想を残す。

To be or not to beSavior Samurai

こういう対照でようやく「Stereo Future」というタイトルが分かるようになる。映画の意味が各層で人間の二つの未来をたとえ、存在を定義している頭と心の対話を提示するものだ。こんなに感動的な、意味深くて、うまく撮影した、それに大変面白い映画が本当に少ないだと思う。

Stereo Future

監督:中野裕之

キャスト: 永瀬正敏、桃生亜希子、竹中直人、 麻生久美子、緒川たまき、ピエール瀧、ダニエル・エズラロー、風間杜夫。

音楽: Towa Tei、The Fantastic Plastic MachineとFeed.

Stereo FutureのHP:www.stereofuture.com

写真のすべてが「Stereo Future」から撮ったもので、東北新社/タキコーポレーション/テレビ東京のコピーライトだ。


 

All works this site copyright D. Szkoropad, 2001-2003 unless stated otherwise. This means don't steal it or I'll tell your mother on you. Domo-kun copyright NHK.

[Home] [Archives] [Gallery] [Features] [BBS] [About] [Links] [English]