Welcome To Szkandelous.com
[ Home ]
[ Archives ]
[ Gallery ]
[ Features ]
[ BBS ]
[ About ]
[ Links ]
[ English ]

最新情報

アメリカ旅行2004年の写真集

ハンズとベティナの結婚式写真集

スキャンダラスの新曲

リニューアルの感想は?
 素敵っすよ!
 ま〜な
 古型のサイトは一体どうなった?これや最低っすよ!
 感想無し


[ 投票の結果 ]
全部 111 票

CAの今日

[あなたのブラウザはHTMLの -object- タッグ、あるいはMacromedia Flash Plug-in を対応していません。最新のFlash Plug-inはこちら から届けます。]

Over 361 Served

スキャンダラス.フィーチャーズ.ゲームレビュー.キャスルヴァニア白夜

キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲〜:初印象

2002年6月6日、コナミ株式会社による人気のシリーズであるキャッスルヴァニア(以前「悪魔城ドラキュラ」と呼んだもの)の任天堂ゲームボーイアドバンス用の新作、「キャッスラヴァニ 〜白夜の協奏曲」というゲームが発売した。今度、1986年の最初の作品のストーリーから50年後、シモン・ベルモンドの子孫であるジュスト・ベルモンドとして、ドラキュラの城へ向かう。

「キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲〜」の初印象として、新作の主人子であるジュステ・ベルモンドが1997年の「悪魔城ドラキュラX:月下の夜想曲」のアルカードと少し似ていること。だが、有意のものらしいよ。「白夜の協奏曲」が「月下の夜想曲」作成チームの5年ぶりの帰りという意味も持つ。では、ジュステとアルカードの相似点は主人子に付ける黒影効果まで伸びるものだ。そう言っても、プレステションの作品と並べればゲームボーイアドヴァンスで映る黒影効果は比較的にきれいじゃないのだ。

だが、二流の黒影以外、グラフイックに優れたゲームだ。ゲーム利用の最初の二分間だけでも、数件にゲーム中で使われた高級効果に出会う。例えば、城で走っている時、せめて四つのグラフィック層が見える。それに、視差スクロールに限られたものではなく、城の窓の後ろでじっと見ていても届けられない化け物や不思議な霧を始め、雰囲気を強調する効果のためにも使われているものだ。別の部屋では数タイルで構成したデかい甲鉄のスイツが変わったハロウィーンのポスターのようにジュステへよろめく。その上、全般的にグラフィックは2001年の「悪魔城ドラキュラ〜Circle of the Moon〜」より明るくて、要するに分かりやすいのだ。

細かいディテールにこだわるのは「白夜の協奏曲」のもう一つの長所だ。敵の数多い死に方などのゲームの中によく出会う効果は前作の「Circle of the Moon」で少しだけ見つかるもので、前作で見つからない効果も「白夜の協奏曲」に入っている。城で散り敷いているキャンドルのさまざまな倒れ方が僕のゲーム中の一番好きなグラフィック効果だった。

音楽の面から見れば、今度は「Circle of the Moon」の鈍くて暗い音楽とずれて、拍子の早いメロドロマ風の音楽が多い。

「白夜の協奏曲」のゲームプレーは最近製作した「悪魔城ドラキュラ」と似ており、ファミコン時代のプラットフォーマーとメトロイド風のアドヴェンチャーの合成のものだ。RPG風の最近出た「悪魔城ドラキュラ」で登場する経験ポイント(EXP)のシステムも持つ。ゲームと一緒の数時間で、もう前のキャッスルヴァニアの魔法システムと違うのが明らかになった。今度、キャッスルヴァニアの伝統的な副武器(ナイフ、ホリー水など)を魔法ついた本と合成して火ついたナイフなどの魔法武器を作るものだ。「Circle of the Moon」より少し実験しがたいが、自体では全然厄介じゃないと思う。

この新しいシステムと共に新しい基本コマンドも含んでいる。まず、「Circle of the Moon」の魔法効果オン/オッフ・ボタンと違って、スイッチしたい時は今度方向ボタン「下」、「L」と「R」ボタンを同時に押すものだ。代わりに、L/Rボタンは左右ダッシュのために利用している(左ダッシュはLを押すことなど)。どちらかと言うと、「白夜の協奏曲」のボタン整理が快適だと思う。

ゲームプレーの最後の追加として、集まれる物のこと。城で散り敷いたままの武器と防具以外、ダブルジャンプの能力を与えるレリック、魔法効果のための魔法ついた本、敵の情報を表示することや「Secrets」のサッブスクリーンを開くゲームプレーを変わるもう一つの種類の魔法本がある。「Secrets」のスクリーンで以前出合った敵の情報が届ける上、家具のカタログが表示している。

そうだよ。ドラキュラの城にはたまに家具を発見して、特別の家具部屋に置くのがゲームプレーの面の一つだ。僕の2時間のゲームプレーで家具の集まりはどの意味を持つかの謎はまだ解けなかったがゲームの秘密をアンロック出来ると想像している。ならば、このフィーチャーはリプレーする刺激に満ちたシリーズを更に強化すると思う。

「キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲〜」との初めての二時間でもうゲームボーイアドヴァンスで登場した前作より圧倒的に優れた作品だとははっきり分かる。しかし、ゲームボーイアドヴァンスの能力に限られているものだから、短所あったらそれはシステムと関係しているもの。つまりグラフィック(だが、それはプレステションで登場したゲームと比較するものだ)や長さのことだ。しかし、悪魔城のシリーズのファンや「悪魔城ドラキュラ 〜Circle of the Moon」のファン、それで「Circle of the Moon」が好きじゃない「悪魔城ドラキュラX: 月下の夜想曲」のファン、つまり皆がこのゲームを遊ぶべきだと思う。「キャッスルヴァニア 〜白夜の協奏曲」は6月6日、日本でコナミ株式会社から発売し、アメリカで「Castlevania: Harmony of Dissonance」として、この9月発売する予定だ。


 

All works this site copyright D. Szkoropad, 2001-2003 unless stated otherwise. This means don't steal it or I'll tell your mother on you. Domo-kun copyright NHK.

[Home] [Archives] [Gallery] [Features] [BBS] [About] [Links] [English]